2017年3月27日

武蔵小杉駅前の歴史ある「3丁目通り」を中心に、賑わいの創出を目指す街づくり
「小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」 起工

小杉町3丁目東地区市街地再開発組合(理事長 角川 榮喜)は、「小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」の新築工事に着手し、平成29年3月27日に起工式を執り行いますことを、お知らせいたします。

本事業が位置する小杉町3丁目地区は、近年住みたい街として注目を集める武蔵小杉において、商店街を中心に活気や賑わいのあふれるエリアです。

本エリアの要(かなめ)である3丁目通りを中心に再開発を行う本事業では、賑わいの歴史の継承・発展、新たな情報・文化の発信、上質で洗練された暮らしを楽しむ場を創造したい、という想いをコンセプトネーム「Kosugi Third Avenue(コスギ・サード・アベニュー)」に込めました。計画から約15年の歳月をかけて取り組んできた地元住民の街づくりへの想いが結実し、このたび、起工式を迎えることとなりました。今後も平成32年春の竣工を目指し、本事業を推進してまいります。

起工式概要

日時
平成29年3月27日(月)
神事 / 11:00 ~ 11:40
直会 / 12:00 ~ 13:30
報道受付
ユニオンビル2F(神事・直会共通)
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目264−3

事業概要

施行者
小杉町3丁目東地区市街地再開発組合
事業名
小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業
所在地
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目地内
施行地区面積
約1.1ha
敷地面積
約8,350m2
主要用途
商業・業務施設、住宅(519戸)、公共公益施設
施設規模
地下2階、地上38階

今後のスケジュール

平成32年春 施設建築物新築工事完成

事業関係者

□ 参加組合員
三井不動産レジデンシャル株式会社、東急不動産株式会社
□ 事業コンサルタント
協同組合都市設計連合
□ 実施設計・工事監理・施工
大成建設株式会社

計画地

計画地

イメージパース

イメージパース