変わりゆく街の魅力を再発見 新・小杉散歩

2018.01.12

川崎七福神めぐり

2018年最初の散歩は、「川崎七福神めぐり」です。
中原区内の7つの寺院では、元旦から7日まで七福神の旗が立ち、専用の色紙に御朱印をもらうことができます(色紙代500円、御朱印代各200円)。

川崎七福神めぐりでは、はじめに訪れたお寺で7寺の墨書が書置きされた色紙を受け取ります。これに各寺院の朱印をいただき、最後のお寺にて参拝の日付を記してもらいます。

はじめに向かったのは、南武線武蔵新城駅から徒歩6、7分の場所にある福禄寿の安養寺。本尊に大日如来が安置されています。ご住職にお話を伺うと、福禄寿が祀られたのは40年程前とのこと。近年は、健康のため徒歩やジョギングで七福神めぐりをされる方が増えたとも仰っていました。たしかにこの日も、本格的なランニングウェアで参拝される方がちらほら見られました。

火災などにより古文書等が残っていないが、永禄10(1567)年に開山されたといわれている安養寺。現在の御本堂は昭和40(1965)年に再建されたもの。

次に訪れたのは、安養寺から徒歩6分程の場所にある上小田中の宝蔵寺。こちらは弁財天が祀られています。
ご本尊が「子育地蔵菩薩」ということもあってか、ご家族連れで参拝される方が多くいらっしゃいました。

宝蔵寺の創建は永正17(1520)年。天正年中に再建された。御朱印は右手の社務所にていただく。

こちらのお寺では、御朱印をお願いすると弁財天の御守りをいただけます。
お財布の中に入れておくと良いそうです。

続いては、宮内にある毘沙門天の東樹院 多聞寺。
こちらは不動明王尊を安置する本堂とは別に、立派な毘沙門堂が建立されています。御朱印は本堂隣の新庫裏にて受け付けています。

創建は室町時代。武州の豪族・平氏の流れである石井源左衛門により、当時宮内にある毘沙門天を見出されといわれている。

4番目に向かったのは、中原街道沿いに建つ徳川家ゆかりの古刹・西明寺です。東樹院 多聞寺からは、等々力緑地を経由して徒歩23分程。こちらは大黒天が祀られています。

正確な創建は不明だが、宮前区有馬にあったものが移されたといわれている。本尊には大日如来を安置している。

ご住職のお話によると、こちらの大黒天像は、約400年前に木食上人によって作られたものだそうです。七福神めぐり期間は、本堂に公開されています。
とても広い境内の西明寺ですが、七福神めぐりの参拝客ばかりでなく、地元の人々や団体の参拝客で溢れ、大変賑わっていました。

寺務所に並べられた、だるまのおみくじ。ひとつひとつ微妙に表情が異なる。普段は表には出していないが、お正月以外でも寺務所で販売しているという。

西明寺を出たら武蔵小杉駅へ出て、南武線で向河原へ。寿老人を祀った中丸子の無量寺をめざします。

阿弥陀如来が安置されている本堂。無量寺は、天正年間に覚源和尚により開創。戦災により本堂も寺宝も消失したが、昭和29年に東京の古いお寺から本堂を譲り受け、移築した。

無量寺の御朱印は寺務所で押印していただくほか、お急ぎの方用に自分で押印することもできます。その場合、こちらの小さなお賽銭箱に御朱印代を納めます。

七福神が描かれた破魔矢もありました。とても縁起がよさそうです。

6つめは恵比寿様のある上丸子の大楽院をめざします。多摩川沿いを丸子橋方面へ約20分。ひたすら真っすぐ歩きます。

奈良県長谷寺の直轄寺院。ご本尊は長谷寺と同じく、十一面観世音菩薩である。本堂内の釈迦如来像は、川崎市の指定文化財になっている。

大楽院は、自分で御朱印を押すスタイルでした。のんびり歩いたため、陽が傾いてしまいましたが、残るはあとひとつ。布袋様の大楽寺のみです。

大楽院最寄りの駅である新丸子から、大楽寺のある元住吉へ。ここで、新丸子駅のイダイモール商店街「菓心 桔梗屋」さんにて川崎七福神認定の「開運しるこ」を購入しました。
家についてからいただきましたが、和三盆のほんのりとした甘さが歩き疲れた体に染みわたります。

大楽院最寄りの駅である新丸子から、大楽寺のある元住吉へ。ここで、新丸子駅のイダイモール商店街「菓心 桔梗屋」さんにて川崎七福神認定の「開運しるこ」を購入しました。
家についてからいただきましたが、和三盆のほんのりとした甘さが歩き疲れた体に染みわたります。

新丸子駅西口のイダイモール商店街に建つ「菓心 桔梗屋」店内に並べられた四季折々の和菓子は、すべて自家製。「新丸子まんじゅう」「小杉郷菓」などの地元の銘菓も。

お椀の中で最中を割っていただく、壺型の自家製懐中しるこ。縁起物なので、手土産にも最適。1個180円。1~3月の限定販売。

さて、七福神めぐりに戻ります。東横線に乗って元住吉で下車。綱島街道を経由し12、3分程歩き、最後のお寺、布袋尊の待つ大楽寺に到着しました。

創建は不明だが、約450年前の過去帳が残されているという古刹。ご本尊として胎蔵界大日如来が安置されている。

本堂の中に入り参拝します。御朱印も本堂の中でいただきました。最後なのでこちらで日付もいれていただきます。

7つのお寺を参拝でき、すべての御朱印が揃いました。初めての川崎七福神は、午前10時にスタートして、途中休憩をはさみながらも、すべてのお寺を参拝し終えたのが午後16時。iPhoneの歩数計では、2万歩を超えていました。なかなかの達成感を得られます。そしてとても縁起の良い新年のスタートをきることができました。

地元の人々からとても親しまれている、川崎七福神めぐり。
まだ参拝されたことのない方も、ぜひ来年はチャレンジしてみてください。

川崎七福神めぐりHP

ページトップへ戻る