変わりゆく街の魅力を再発見 新・小杉散歩

2017.11.30

親子でオーナメントづくり

11月25日(土)、Kosugi 3rd Avenue LABOにて、アトリエキュイキュイさんによるクリスマスオーナメントづくりのワークショップが行われました。

アトリエキュイキュイは、イラストレーター・おくむらさーこさんと、フラワーデコレーター・シラカワエリコさんのアート制作ユニットCui Cui(キュイキュイ)による、“花あそび”と“アート”の教室。小杉町2丁目アトリエを構え、さまざまなアートのワークショップを主催されています。

今回講師をしていただいたのは、おくむらさーこさん。参加されたのは、事前にご応募いただいた11名のお子さんたち。
保護者の方々を含めて総勢約20名が参加され、LABO内はわいわいとした楽しいにぎわいに。その様子を興味深そうにウィンドウから眺める通行人の方もたくさんいらっしゃいました。

オーナメントは白樺の木の皮を台紙にし、カラフルなモールや毛糸、等々力緑地のどんぐりや木の枝などを自由に使って、デコレーションします。

まずは見本を参考にしながら、どんな形にするかを決めます。

型紙を利用して、白樺の台紙をハサミで切り抜きます。

まだハサミの扱いが難しい小さなお子さんたちも、ママの手助けを借りて挑戦。

今回つくるのは3種類なので、ひとり3パターンの形に切り抜きました。

ここからさまざまな材料を使って、思い思いにデコレーションしていきます。

デザインのイメージが決まったら、グルーガンで接着。一度糊づけしたら変えることができないので、みんな真剣です。

ひとつ出来あがると、次のアイデアがどんどん浮かんでくるようで、みんな黙々と2つ、3つ目に着手します。
どんぐりをいくつも重ねて立体的にしたり、毛糸を巻いて渦巻きにしたり、モールを組み合わせてクリスマスリースやツリーを描いたり…子どもたちの自由な発想で、たくさんのクリエイティブな作品が次から次へと生み出されていきます。

最後はツリーに吊るすための、モールやリボンを台紙に貼って完成!

とっても上手にできました!

完成したオーナメントのひとつを、壁面に描かれた「想いの杉の木」に飾ります。

ツリーの前は絶好の撮影スポット。ママたちが記念にパチリ。

最後は先生もみんなの作品の前でパチリ!

大盛況のうちに幕を閉じた、アトリエキュイキュイさんのワークショップ。
「次回のイベントはいつですか?」とたずねるお母さんもたくさんいらっしゃいました。
今後のLABOのイベントスケジュールは、決まり次第こちらのサイトでも掲載する予定です。お楽しみに!

Kosugi 3rd Avenue

ページトップへ戻る