変わりゆく街の魅力を再発見 新・小杉散歩

2017.08.14

からくりトリックの世界

川崎市市民ミュージアムで行われている企画展「からくりトリックの世界」にお邪魔してきました。
この展覧会は3Dアート作家・服部正志氏のトリック3Dアート展と、青森在住の木工作家・高橋みのる氏による現代からくりアート展のふたつの企画展示で構成されています。

まずは「服部正志 トリック3Dアート展」から。
トリック3Dアートとは、壁面と床面に描かれたアートを、ある1点の角度からカメラを通してみると、立体的に見えるアートのこと。テーマごとに3つのゾーンから成り立っています。
夏休み真っ只中とあって、子供たちとパパやママたちで、大変賑わっていました。

それぞれの作品には、このように、撮影するポイントとおすすめのポーズなどが書かれています。

早速、遊びに来ている子どもたちに協力してもらい、いくつかチャレンジしてみました!

「世界の冒険の旅ゾーン」から、手のひらに妖精が乗ったように見える《ティンカーベル》2016年作。

「日本ゾーン」から、巨大なお相撲さんを片手でひょいっとはたきこめる、その名も《はたきこみ》2016年作。

「不思議がいっぱいゾーン」では、小さく変身して、マリアッチの肩に乗ることができます。《とんがり帽子》2016年。

どんなポーズをとったらより面白い写真になるか、パパやママ、友だちと考えながら遊ぶ子どもたちの笑顔が、キラキラと輝いて、とても楽しい企画展です。
撮影して遊ぶアートなので、思い出がかたちに残るのも嬉しいですね。

次は館の反対側へ移動して、「高橋みのる 現代からくりアート展」へ。
高橋みのる氏は、テレビチャンピオン「木のおもちゃ職人選手権」での優勝経験のある木工作家です。

真っ先に目に飛び込むのが、大人の身長くらいの高さはある、特大サイズのトンボの作品。

《未来トンボ》2006年

からくりというだけあって、すべて手動や電動の作品。そして、全50作品のうち、電動の作品以外は、手で触って楽しむことができます。見ているだけでも充分楽しめますが、直接手に触れ動かしてみることで、その精巧な作りに圧倒されます。

動画でも少しお楽しみください。

《ロボカマキリ》1995年

《ロボトンボ》1995年

このほか、木製ボードとプロジェクションマッピングを組み合わせたボードゲームやパズルなどもあり、みんな驚いたりはしゃいだりと楽しんでいました。

「からくりトリックの世界」は8月20日(日)まで開催。
観覧料は2展覧会が楽しめて、一般500円、65歳以上・大学生・高校生400円、中学生以下は無料です。
企画展は有料ですが、川崎市市民ミュージアムは川崎の成り立ちと歩みを紹介する常設の博物館展示や、図書の閲覧・ビデオの視聴ができるミュージアムライブラリーなどはすべて無料。小杉エリアの散歩コースにおすすめです。

川崎市市民ミュージアム

ページトップへ戻る