変わりゆく街の魅力を再発見 新・小杉散歩

2017.07.05

中原街道の長屋門

中原街道を原家の母屋跡地から小杉御殿町方面に進むと、市重要歴史記念物に指定された、長屋門があります。

持ち主である安藤家は、戦国時代、北条氏に仕えた安藤因幡守を祖先した旧家で、江戸時代より代々この地で名主を務めてきました。

19世紀中期~後期頃に建築されたと推定されているこの長屋門は、平屋建ての欅造り。
個人所有の建物ですが、外観は自由に見学できます。
化粧金具が豊富に配された外観は、豪華で力強く、とても見応えがあります。

安藤家の長屋門については、「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブに詳しく掲載されていますので、ぜひそちらもご覧ください。

歴史を語る長屋門(安藤家)

ページトップへ戻る