変わりゆく街の魅力を再発見 新・小杉散歩

2017.06.16

劇場があった小杉十字路

昭和のはじめまで、小杉地域の賑わいの中心は、中原街道沿いにありました。
最盛期には現在の西明寺の信号から、南武線の武蔵中原の駅方面までの間に約90もの商店が並んでいたといわれています。

なかでも小杉十字路の角には、1913(大正2)年から1932(昭和7)年にかけて、府中街道を通る乗り合い馬車の停留所があったことから特に賑やかだったといわれています。宿場町の名残と思われる宿屋や料理店、「中原劇場」という芝居小屋や鉄鉱泉などの娯楽施設もみられました。

その後、自動車の普及や東横線や南武線の開通により、街の中心部が徐々に武蔵小杉駅に移り変わっていったのです。

1931(昭和6)年の乗り合い自動車停留所。
(「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ「中原劇場」より)

1962(昭和37)年の小杉十字路。正面に見える寿司店のあった場所に停留所がありました。
(「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ「中原劇場」より)

当時の街並みを想像しながら、歩いてみてはいかがでしょうか。

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブの小杉十字路に関する記事は、こちらからご覧いただけます。

ページトップへ戻る