変わりゆく街の魅力を再発見 新・小杉散歩

2017.12.11

「小杉3丁目の今昔」ワークショップが開催されました

12月2日(土)、Kosugi 3rd Avenue LABOにて、郷土史研究家・羽田猛先生を講師に迎えたワークショップが開催されました。
羽田先生は、川崎市公立学校長を定年退職後、川崎市内の郷土史の研究を開始。以来、写真撮影と取材を重ね、『中原街道と周辺の今昔』をはじめとする、中原・武蔵小杉地区にまつわる数々の書籍を上梓されています。今回は「小杉3丁目の今昔」というテーマのもと、武蔵小杉の街の変遷について、語っていただきました。

約50分の講義では、江戸時代から現在までの街の発展、街道と鉄道、街の中心部の移り変わり(御殿町・陣屋町から駅前へ)、小杉3丁目の今後など、当時の写真資料とともに解説。ほかではなかなか伺い知ることのできない貴重なエピソードの数々に、参加された皆さんは、とても興味深い表情で頷かれていました。

この日の講義の内容は、近日当サイトにて動画で配信いたしますが、今回はダイジェストとして、小杉3丁目から程近い「武蔵小杉駅周辺の成り立ち」に関わる部分を要約し、ご報告いたします。

ひと昔前までは、小杉といえば、いまでいう中原小学校、陣屋町、御殿町のあたりを指していました。小杉十字路周辺には、役場や病院、警察署、郵便局、食堂、風呂屋、劇場など、あらゆるものが集まっていました。

昭和2年に南武鉄道が開通し、中原区内では平間・武蔵中丸子、向河原、グラウンド前、武蔵小杉、武蔵中原、武蔵新城の7駅が設けられました。グラウンド前駅は現在の武蔵小杉駅。この向こう側に、第一生命のグラウンドがあったからです。そして当時の武蔵小杉駅は現在の区役所近くにありました。

南武線と東急東横線の武蔵小杉駅と、旧・工業都市駅。
(「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ「南武線と東急東横線の『武蔵小杉駅』」より)

昭和8年の南武線グラウンド前駅(今の武蔵小杉駅)右奥に第一生命のグラウンドとバックネット(昭和4年完成)が見える。
(「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ「南武線と東急東横線の『武蔵小杉駅』」より)

当時の南武線といえば、砂利鉄道と呼ばれる貨物の鉄道です。人の栄えている中原街道の方に建てようとしたら、煙やほこりがあがることから、住民からの反対があり、住宅地からは遠のけられたのです。この頃の(現)武蔵小杉の駅周辺は、田んぼや畑ばかりの湿地で、何もありませんでした。

また当時、南武線はあまり頼りになりませんでした。もともと貨物線なので、人を運ぼうとは思っていないからです。
これに対して東急電鉄は、商売を考えています。東京横浜電鉄(現在の東急電鉄)は、大正15年に多摩川を渡り、東神奈川まで開通させます。この頃はまだ武蔵小杉駅はなく、新丸子と元住吉駅がありました。
東急の田園都市会社により、土地の分譲や宅地開発が進み、広大な土地を大学に寄付し、日本医科大や法政大学の予科を誘致しました。学生が集まり、人が集まる。すると、宿が必要になる、食べ物屋も必要になる。そういうことが色々でてきて繁盛していきました。

昭和に入ると、これまで海沿いが中心だった工場地帯が、南武線沿いの内陸に進出してきました。はじめは軍事工場がたくさんできた。そして東京機械、不二越精機、大同製鋼、NEC、富士通などの大企業。ひとつの工場に1,000人くらいの従業員がいるが、皆、新丸子の駅や元住吉から歩く必要がありました。そこで各工場から駅を作る要望があり、昭和14年に東急東横線の「工業都市駅」というものができた。昭和17年の地図によれば、新丸子、工業都市、元住吉…とあります。
しかし、昭和28年には、工業都市駅は廃止されます。あまりにも近くに駅が続いているからです。工業都市駅を廃止して、武蔵小杉駅を充実させようとしたのです。

昭和31年の南武線武蔵小杉駅。
(「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ「南武線と東急東横線の『武蔵小杉駅』」より)

昭和30年になると、個人の住宅、社宅などが急増し、グラウンドや農地が消えていきます。中原街道の宿場で、昔から政治・経済の中心だった小杉(御殿町・陣屋町)から、商業地が駅前に移り、商店街が形成されます。中原郵便局が昭和16年に、中原警察署が昭和18年に小杉3丁目に移転し、消防署、電話局、市民館、図書館、総合病院などが次々と開設され、その後、市役所中原支所(区役所)ができると、中原区の行政の中心は、完全に小杉3丁目に移り変わっていきました。

現在、イトーヨーカドーが入っているビルの建設前の様子(昭和43年)。
(「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ「南武線と東急東横線の『武蔵小杉駅』」より)

上の写真のような木造住宅が何棟も建っていたが取り壊され、駐車場となった(昭和55年)。
(「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ「南武線と東急東横線の『武蔵小杉駅』」より)

このように、武蔵小杉の街の発達は、鉄道、特に東横線の影響がとても大きいのです。農村地帯に鉄道が敷かれて、街の中心部が変わる。そして平成になると駅周辺の再開発が次々と行われ、また新しい街づくりが進められています。タワーマンションの建設ラッシュが続き、人口が急増、教室が足りない学校が増加し、市は対応に追われています。
現在では、住んでみたい街のランキングの上位にあがるほど、人気のある街に変貌しました。

この日の講義の詳細につきましては、後日動画で配信予定です。
また、東横線、南武線の鉄道についてのお話は、「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブの下記の項でも触れられていますので、こちらも併せてお楽しみください。

ページトップへ戻る

2017.11.30

親子でオーナメントづくり

11月25日(土)、Kosugi 3rd Avenue LABOにて、アトリエキュイキュイさんによるクリスマスオーナメントづくりのワークショップが行われました。

アトリエキュイキュイは、イラストレーター・おくむらさーこさんと、フラワーデコレーター・シラカワエリコさんのアート制作ユニットCui Cui(キュイキュイ)による、“花あそび”と“アート”の教室。小杉町2丁目アトリエを構え、さまざまなアートのワークショップを主催されています。

今回講師をしていただいたのは、おくむらさーこさん。参加されたのは、事前にご応募いただいた11名のお子さんたち。
保護者の方々を含めて総勢約20名が参加され、LABO内はわいわいとした楽しいにぎわいに。その様子を興味深そうにウィンドウから眺める通行人の方もたくさんいらっしゃいました。

オーナメントは白樺の木の皮を台紙にし、カラフルなモールや毛糸、等々力緑地のどんぐりや木の枝などを自由に使って、デコレーションします。

まずは見本を参考にしながら、どんな形にするかを決めます。

型紙を利用して、白樺の台紙をハサミで切り抜きます。

まだハサミの扱いが難しい小さなお子さんたちも、ママの手助けを借りて挑戦。

今回つくるのは3種類なので、ひとり3パターンの形に切り抜きました。

ここからさまざまな材料を使って、思い思いにデコレーションしていきます。

デザインのイメージが決まったら、グルーガンで接着。一度糊づけしたら変えることができないので、みんな真剣です。

ひとつ出来あがると、次のアイデアがどんどん浮かんでくるようで、みんな黙々と2つ、3つ目に着手します。
どんぐりをいくつも重ねて立体的にしたり、毛糸を巻いて渦巻きにしたり、モールを組み合わせてクリスマスリースやツリーを描いたり…子どもたちの自由な発想で、たくさんのクリエイティブな作品が次から次へと生み出されていきます。

最後はツリーに吊るすための、モールやリボンを台紙に貼って完成!

とっても上手にできました!

完成したオーナメントのひとつを、壁面に描かれた「想いの杉の木」に飾ります。

ツリーの前は絶好の撮影スポット。ママたちが記念にパチリ。

最後は先生もみんなの作品の前でパチリ!

大盛況のうちに幕を閉じた、アトリエキュイキュイさんのワークショップ。
「次回のイベントはいつですか?」とたずねるお母さんもたくさんいらっしゃいました。
今後のLABOのイベントスケジュールは、決まり次第こちらのサイトでも掲載する予定です。お楽しみに!

Kosugi 3rd Avenue

ページトップへ戻る

2017.11.15

第39回なかはら“ゆめ”区民祭

11月12日(日)、等々力緑地にて「第39回なかはら“ゆめ”区民祭」が開催されました。
昨年度は、3万6千人もの来場者があった大規模なイベントで、中原区内の町内会、自治会、地元の関係諸団体で構成された実行委員会が主催しています。

とどろきアリーナ、催し物広場、市民ミュージアムなど、等々力緑地のあらゆる場所で、ダンスや音楽などのステージや物販・飲食ブース、子ども向けの体験ひろばなどが催され、大変なにぎわいをみせた1日でした。

当日の様子を写真でお伝えします。

ステージエリアでは、地元のダンスチームによるキッズダンスが披露されました

力強い和太鼓を披露する、陽光太鼓クラブのみなさん

川崎フロンターレのクイズ大会では、ふろん太くんが登場!

とどろきアリーナ前の「お祭りひろば」で行われた民謡踊り。飛び入り参加もOKでした

地元の連である「多摩川丸子連」による、躍動感あふれる阿波踊り

運動広場では、川崎フロンターレによるサッカー教室が行われていました(事前予約制)

飲食店や物販でにぎわう「模擬店ひろば」

ペンダントをつくることができる手作り雑貨のブース

つきたてのお餅が味わえるブースも行列ができていました

子どもたちに大変な人気があった「体験ひろば」。こちらは古着回収のミニ収集車乗車体験

中原消防署によるAED体験は、親子で参加される方が多くみられました

小さな消防士さんもたくさん。いい思い出になりますね

「ちびっこ小動物園」では、羊やヤギに餌をあげることができます

うさぎのふれあいコーナーも大人気でした

ほかにも、体力測定やとどろきアリーナでの「こどもフェスタ」、御輿など。天候に恵まれたこともあり、どのコーナーも大変な盛り上がりをみせていました。

来年は40回の節目を迎える「なかはら“ゆめ”区民祭」、どんな催しになるか楽しみですね!

ページトップへ戻る

2017.11.10

秋色に染まる中原平和公園

清々しい秋晴れのある日、中原平和公園を散策しました。
緑が多く、春は武蔵小杉エリア屈指の花見スポットとなる中原平和公園ですが、秋の紅葉もわたしたちの目を楽しませてくれます。

二ヶ領用水沿いの遊歩道には、落ち葉のカーペットが敷かれていました。
もみじや銀杏並木のような象徴的な紅葉ではないものの、素朴さがよい風情を出しています。

しばらく、このお天気が続くようですね。
この時期ならではの木々の美しさをぜひお楽しみください。

中原平和公園
川崎市中原区木月住吉町33‐1
武蔵小杉駅より徒歩約12分、元住吉駅より徒歩約5分

ページトップへ戻る

2017.11.01

ハイチアート展

秋も深まり、周囲の公園の木々が色づく川崎市市民ミュージアムへ。
現在開催中の「ハイチアート展」を観賞しました。

ハイチは、カリブ海に浮かぶ島、イスパニョーラ島の1/3を占める国。その面積は、四国の約1.5倍という大きさだそうです。
この「ハイチアート展」は、日本ではあまり知られていないハイチの文化と、その芸術の世界を紹介。61点の絵画を中心に「ハイチの風景と精霊たち」「ハイチの自然と動物たち」「ハイチの工芸とドラムアート」「ハイチの人々と暮らし」という4部によって構成されています。

フランスの植民地時代から独自に発展したハイチアートは、子どもが感じるままに表現するような、素朴画(ナイーブ画)と呼ばれる描き方が多くみられ、その土着的な宗教や自然豊かな風土色の強さから、生き生きとした表現力や色彩感覚、独自の信仰の世界を感じることができます。

J.N.E. キャデ 《ゴナイーヴの農場風景》個人蔵

ジャン・クロード・ポール 《花の中のおうむ》個人蔵

鮮やかな色彩と、自然や素朴な生活をのびのびと、ときにはユーモラスに描いているのも特徴。また、キリスト教と土着宗教のミックスしたヴードゥー教の影響により、擬人化された植物や動物など「万物に神が宿る」という思想が、作品に表れています。

フィルトン・ラトルチュール 《狼の子を連れて散歩するライオンのカップル》個人蔵

フォーレスト・アヴリール 《幻想の森》個人蔵

このほか、ドラム缶を加工するハイチの独特な工芸品である「ドラムアート」や、写真家・佐藤文則氏による、ヴードゥー教とともに生きるハイチの人々の姿をとらえた写真22点も展示。芸術だけでなくハイチの宗教や歴史背景も幅広く伝えられた、貴重な企画展示です。

「ハイチアート展」は11月26日(日)まで。
11月11日(土)には、親子向けの鑑賞会も開催されるそうです。
観覧料は一般300円、65歳以上・大学生・高校生200円、中学生以下は無料。イベントや開館時間、休館日などは、下記の公式サイトからご確認ください。

川崎市市民ミュージアム

ページトップへ戻る

2017.10.27

コスギフェスタとKosugi 3rd Avenue LABO オープンイベント

10月21日(土)のコスギフェスタ2017本祭は、台風21号の接近により、あいにくの雨天の中での開催。翌22日、コスギフェスタ最終日「コスギんピック」は、残念ながら中止となってしまいました。

しかし、屋内のイベントは熱く盛り上がっています。
「小杉3丁目東地区=Kosugi 3rd Avenue」では、21日(土)旧清水ビル1F(清水薬局)にて、新しく生まれ変わる小杉3丁目東地区を知っていただくためのLABOをオープン。この日はそのオープニングイベントとして、オリジナル缶バッジを作るイベントが行われました。

缶バッジサイズの丸い紙に、カラフルなペンや色鉛筆で、思い思いのイラストを描きます。

イラストを係りの人に渡すと、一瞬にしてかわいらしいバッジが完成!

お土産は、新丸子の人気カフェHanaCAFEさんのクッキーです。

2歳半のお子さんと一緒に参加された中原区在住の村田さんファミリーは、「子どもとのいい思い出の品ができた。有料でもいいので、もっと作ってみたい」と喜んでいらっしゃいました。

残念ながら翌日にも開催を予定していた本イベントと、「羽田先生による小杉町3丁目の歴史を知ろう」は、コスギフェスタの中止にともない、開催を延期することになりました。
こちらにつきましては、日程が決まり次第、またこちらのサイトでもお知らせさせていただきます。

ページトップへ戻る

2017.10.26

第3回 コスギカレーEXPOが開催されました

10月20日コスギフェスタの前夜祭という位置づけで開催された、第3回コスギカレーEXPO。
不安定な天候が続き、開催も危ぶまれていましたが、どうにか雨も降らずに予定通り開催。また、特設のステージでは、タワレコ秋祭りミュージックフェスタも行われ、この日を待ち望んでいた家族連れや、仕事を終えて週末の夜を楽しむビジネスパーソンたちで大変な賑わいをみせていました。

参加店舗は、武蔵小杉・新丸子に店を構える個性豊かな人気店8店舗。

  • バカソウルアジア(新丸子)
  • JAGA(武蔵小杉・新丸子)
  • New Namaste Himal 向河原店
  • Powers(新丸子)
  • 100時間カレーB&R 武蔵小杉店
  • 新丸子カレー工房パルコ(新丸子)
  • コスギカレー(武蔵小杉)
  • ニューパンジャビバーベキュー(武蔵小杉)

昨年好評だった「食べ比べセット」は、今年、容器を改良して1,000食限定で販売していました。
チケットは「ごはんチケット」1と、好きな店舗でカレーと引き換える「カレーチケット」が4枚で1,200円。専用のブースでチケットを購入し、まずはご飯と引き換えます。

カレーチケットを手に各店舗のブースに並び、カレーと交換します。
交換できるカレーは、タイ風グリーンカレー、キーマカレー、バターチキンカレー、ビーフカレーなど、店舗によって個性さまざま。セット用のカレーは、お子様連れの多い武蔵小杉ならではの特徴で、8店舗中5店舗が甘口でした。しかしそこはさすが専門店、大人が満足できる食べ応えのものばかり。
食べ比べセット以外のメニューも、それぞれ個性豊かでバラエティが豊富。駅から出てくる会社帰りの人々も、スパイシーな香りに誘われて立寄るようで、時が経つにつれ、行列がどんどん伸びていきます。

この間、特設ステージでは8組のアーティストが絶えず熱いパフォーマンスを繰り広げていました。
なかでもタワーレコードスペシャルライブ枠のアイドルグループ、ぷちぱすぽ☆、東京女子流は、熱狂的なファンの方々が多く駆けつけ、大いに盛り上がりました。

来年はどんなアーティストとのコラボが楽しめるのでしょうか。楽しみですね。

ページトップへ戻る

2017.10.16

コスギフェスタ2017が開催されます

今年で7回目を迎える武蔵小杉最大のイベント、コスギフェスタの公式ガイドブックが現在配布されています。
今年は10月21日(土)、22日(日)に開催。前夜祭は20日の16時から行われます。

3日間のプログラムは下記の通り。

20日の前夜祭では、16時から21時まで、昨年2万人もの人々が訪れた「コスギカレーEXPO」が、こすぎコアパークにて開催されます。
こちらはコスギフェスタに併せて開催されているコスギカレーフェス参加店舗の中から、8店舗が出店するカレーの祭典。16:30からは1,000食限定で「新・食べ比べセット」も販売されるとのこと。同時刻にはタワーレコードによるミュージックイベントもコアパークで開催されているので、食べ比べとステージを同時に楽しむことができます。

本祭となる21日(土)は、イベントが盛りだくさん。
なかでもハロウィンに関連するイベントは、小杉で育つ子どもたちやファミリーに大変な人気を得ています。パパママたちの頑張りもあってか、コスチュームのクオリティも年々高くなっています。

最終日の22日(日)は、昨年大好評を博したスポーツイベント「コスギんピック」が開催されます。競技種目は昨年の大綱引き、ダンシング玉入れに、今年は大玉送りがプラス! さらに優勝賞品には高級和牛5kgが予定されています。
(応募は先着順ですが、本記事掲載時点では募集中とのことです)

最後に、コスギフェスタ実行委員であり、新小杉開発株式会社取締役でもある安藤均さんよりコメントをいただきましたので、紹介します。

今年で7回目を迎えるコスギフェスタ。20日(金)の前夜祭のカレーフェス、21日(土)3,000組の子どもたちが参加するトリックオアトリートスタンプラリー、22日(日)昨年度からはじまった、綱引きと玉いれなどを行うコスギんピック。
その他、地元の小中高校などのステージコンサート、仮装パレードなどその他もりだくさんの企画があります。
昨年は、3日間で10万人の来場者がありました。ぜひ楽しんでください。

武蔵小杉の1年に一度の大イベント。新・小杉散歩でも開催の模様をお伝えする予定です。お楽しみに。

コスギフェスタ2017公式サイト

ページトップへ戻る