小杉のかたりべ

地域の今昔

第1回 原 豊孝氏  第2回 小林 美年子氏  第3回 羽田 猛氏

原家400年16代当主

大陣京 原 豊孝氏

テーマ:小杉地区の歴史

1936年1月生まれ。400年続く原家16代当主。
歴史が好きで幼少より父からよく昔のことを聞かされていたこともあり、
昔の地元のことを語らせると右にでる者はいない。
西明寺と小杉神社の総代をしており、
伝統と文化を重んじ、多大なる地域貢献を行っている。

動画を閉じる

 

小林 美年子氏

テーマ:昭和の小杉の人々と暮らし

昭和30年、江戸時代より続く小杉きっての旧家・小林家に嫁いで以来、
小杉御殿町にて生活を営む。中原区のガールスカウトの活動の発展に尽力し、
現在まで代表を務めるほか、国際的奉仕団体「国際ソロプチミスト川崎」の会員で、
東日本地域の役員を担い、それらの活動等を通じ、
今なお川崎の女性市民援助や子どもたちの教育に献身している。

動画を閉じる

 

羽田 猛氏

テーマ:武蔵小杉の昔と未来を知ろう

1934年生まれ。中原区の市立小学校に赴任したのが縁で、川崎市内の郷土史の研究を開始。以来、写真撮影と取材を重ね、中原・武蔵小杉地区にまつわる数々の書籍を出版する。今回は2013年5月に「旧中原図書館」にて開催された「さよなら・ありがとう」イベントにて、地元の子どもたちに向けた講演の模様を公開します。

動画を閉じる