歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

川崎第1号の風呂屋「鉄鉱泉」(鉄温泉)

鉄鉱泉(鉄温泉)の全景(昭和46年)

鉄鉱泉(鉄温泉)の全景(昭和46年)

小杉十字路を左に折れ府中街道を川崎方面に100mほど行くと、左側に「鉄鉱泉」という風呂屋があった。正式には鉄温泉「満寿茂登」といった(通称、鉄鉱泉と呼び、看板も鉄鉱泉だった)。

東急バス車庫の斜め前で、低い2階建てで2階は10畳の部屋があり、道路側には手すりが付いていた。

鉄鉱泉は明治39(1906)年に開業の風呂屋で、明治41(1908)年4月、正式の警察許可は川崎で第1号だった。その頃としては、第一級の設備を持ったものだった。丁度その時、府中街道の新道が完成した(現在の府中街道)。

東京の本所に鉱泉の原液を売る店があり(鳥取から原液を仕入れていた)そこから、二斗樽に詰め5・6本ずつ牛馬で運んでいた。月に2・3回、夜の12時頃、原液を取りに本所まで行き、帰りは夕方になった。この原液を少しずつ風呂に入れ湧かしていた。

「健康によい」という評判がたち、埼玉県・東京などからの来客もあった。多い時は80人を超したこともあった。2階や向かいの「藤棚」に宿泊したりして、風呂屋は大繁盛していた。

休憩をする人は藤棚や万年屋、川野軒から料理を取り寄せて、ゆっくりとくつろいでいた。ヘルスセンターのような憩いの場であった。

府中街道を走っていた乗り合馬車も、客があると鉄鉱泉前に臨時停車のサービスをした。

戦後、物資不足の時も営業は続いていた。しかし人々の生活にゆとりが出たり交通が発達すると、設備の良い温泉に行く人や家庭風呂の発達で、利用客は次第に減少していった。

昭和53(1978)年6月26日、ついに廃業した。建物は平成元年までは残っていたが取り壊され、アパートとなってしまった。

地元消防団の会合で使用した記念(昭和初期)

地元消防団の会合で使用した記念(昭和初期)

脱衣場(昭和47年)

脱衣場(昭和47年)

浴場の内部(昭和47年)

浴場の内部(昭和47年)

① 鉄温泉の成分表 ② 鉄温泉の看板(昭和40年頃まで、その後『鉄鉱泉』となる) ③ 鉄鉱泉の2階への階段(昭和47年) ④ 2階の大広間の一部分(昭和47年) ⑤ 廃業のお知らせ(昭和53年6月26日で廃業)

① 鉄温泉の成分表
② 鉄温泉の看板(昭和40年頃まで、その後『鉄鉱泉』となる)
③ 鉄鉱泉の2階への階段(昭和47年)
④ 2階の大広間の一部分(昭和47年)
⑤ 廃業のお知らせ(昭和53年6月26日で廃業)

鉄鉱泉から小杉十字路方面の家並み(昭和46年)

鉄鉱泉から小杉十字路方面の家並み(昭和46年)

小杉十字路より鉄鉱泉方面の家並み(昭和46年)

小杉十字路より鉄鉱泉方面の家並み(昭和46年)

東急バスの駐車場(『藤棚』があった場所)(昭和51年)

東急バスの駐車場(『藤棚』があった場所)(昭和51年)