歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

中原劇場

中原劇場入り口(川野時計店横)バス停前(昭和46年)

中原劇場入り口(川野時計店横)バス停前(昭和46年)

川野建具店が中心となり、大正11(1922)年ここに芝居小屋を造った。のちに小杉館ともいわれたが、床張りで下足番がいて木戸銭を払い上へあがる。両翼には一段高い上等席があった。その後、床をはずして椅子席として中原劇場と改名、時々、映画もやったが諸会合にも貸与した。

一番賑やかだったのは昭和4(1929)年7月、川崎市・中原町の合併問題の頃だったという。

これに続いて、中原町議会改選のための演説会だった。その後、昭和10年頃までは賑わったが、次第に客足が遠のいていった。

映画も上映されるようになったが、あまり人が集まらなく、戦後はポルノ映画やストリップ劇場に転業したが、客はあまり入らなかった。昭和40(1965)年に入ると、建物も老朽化したため取り壊した。跡地は長い年月、有料駐車場となっている。

かつての中原劇場跡は有料駐車場となった(昭和41年)

かつての中原劇場跡は有料駐車場となった(昭和41年)

中原劇場跡地とバス停、右側は川野時計店、勇鮨などあったが、しばらくして取り壊された(平成10年)

中原劇場跡地とバス停、右側は川野時計店、勇鮨などあったが、しばらくして取り壊された(平成10年)

バス停左側の川野自転車店が残っているだけで全て取り壊された。右は小杉十字路(平成20年)

バス停左側の川野自転車店が残っているだけで全て取り壊された。右は小杉十字路(平成20年)