歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

等々力の土地売買

有馬茂の「土地売渡証書」から見た、前所有者の地域分類(昭和11~16年まで46人分)。

27町歩中、有馬所有の7町4反歩分

  • 小杉 26人
  • 宮内 3人
  • 上丸子 1人
  • 上小田中 3人
    (1人は小杉を含め、20人を取りまとめている)
  • 東京多摩川等々力 9人
  • 大森区南千束 1人
  • 東横電鉄 2人
    (持主がいろいろ変っている)
33人

12人

  • 不明 1人

調査は46人だが、実際には、60~100人くらいの所有者がいたのではなかろうか。

昭和11年から土地買収を始めた。砂利がある部分を10~12万坪と推計し、三者で協定し、話し合いの結果、半分を東横電鉄が買収した。

有馬  1.4~1.5万坪
西野  3~4万坪
東横電鉄  6万坪

土地売渡証書の一部(有馬家蔵)

土地売渡証書の一部(有馬家蔵)