歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

「等々力緑地」の移りかわり

「等々力緑地」の移りかわり

人口のようす 土地のようす
世帯数 人口
明治45 - - 大字「等々力」(小字・向河原、立返)の部分が、東京府から編入される。(M45.4.1. 府県境の変更により『境界を多摩川とする』東京府より編入)
昭和7 2 -
  • くわ畑が多かった。番小屋があり、番人、木村元治郎がいた。すぐ、有馬茂が移住する。
  • さつまいも、ごぼう、トマト、なすなどの野菜畑だった(対岸の東京から耕作に来ていた)
8 3 5
  • 乳牛18頭の有馬牧場が開かれる
9 - -
  • 東横電鉄が30カ所ほどボーリングする
10 5 -
  • 養鶏場が作られる。豚小屋が作られる
  • 東横電鉄が中心となって、砂利採掘が、大規模に始まる
11 - -
  • 「小杉の砂利運搬道路」が完成する
12 6 -
  • コイの稚魚5万匹放流(総量180万m3の水がたまる)
15 - -
  • コイの稚魚5万匹、ヘラブナ放流(20kg)
24 16 -
  • 東横池管理事務所(釣り堀)が6月にできる(管理人・菊地金治郎)
25 ※ 18 88  
28 - -
  • 新丸子東急グラウンドができる(2号池を埋め立て)
29 28 128
  • 有馬牧場(富士ミルクプラント)が10円牛乳を売り出す
  • 4号池を埋め立て宅地造成がはじまる(約3,000坪)
30 ※ 31 147
  • 東横池から東横水郷へ改称する
31 38 187  
32 48 214
  • 公園用地として市が買収をはじめる
33 68 279
  • 等々力町会が発足(会長 菊地金治郎)
  • 有馬牧場のあと地に大洋球団が宿舎をもうける
34 76 314
  • 水道がしかれる
35 ※ 103 494
  • 牧場の牛舎のあとに貸工場ができる(約40軒)
  • 大洋ホエールズが優勝する
36 - 567
  • 小杉御殿町1丁目から分離し、「等々力」という町名が生まれる。分離前は「むかいがわら」と呼ばれていた
  • 多摩生コンクリート工業が操業する(昔お宮のあった場所)
37 156 651
  • 各会社のグラウンドができる
  • 公園施設の造成がはじまる
38 187 734  
39 209 793
  • テニスコートの工事がはじまる(S39・40)
40 ※ 215 812
  • 陸上競技場の工事がはじまる(S40~43)
  • 野球場の工事がはじまる(S40~42)
  • 児童公園ができる
41 223 836
  • 陸上競技場メインスタンドと外周工事
42 248 900
  • 市営プールの工事がはじまる(S42・43)
43 276 986
  • 競技場外周園とプール周辺整備
44 312 1030
  • サッカー場の工事がはじまる(S44~46)
45 ※ 322 1040
  • 噴水公園(沈床園)ができる
  • 水郷池のまわりの工事がはじまる(S45~49)
46 300 1020
  • 日本庭園の工事がはじまる
47 - 946
  • 指定都市発足記念として“ふるさとの森”の工事がはじまる
48 263 923
  • 等々力工業会(51社)が発足する
  • 等々力児童会館ができる
  • 多摩生コンクリート工業KKが久地へ移転する
49 237 848
  • フィッシングコーナー前駐車場(70台)完成する
50 ※ 244 853
  • 日本庭園の島(2,800m2)が完成する
51 258 824
  • 正面入り口駐車場(50台)完成する
52 253 799  
55 ※ 187 662
  • 野球場電光掲示板設置
61 196 564
  • 正面入り口整備。外周園路第2期工事
63 - -
  • 川崎市民ミュージアム開館
平成2 169 484
  • 日本庭園改修。野球場防球ネット設置
5 - -
  • 東急グラウンド問題解決し緑地公園整備可能になる
7 ※ 198 485
  • 陸上競技場整備
  • 川崎市とどろきアリーナ開館
12 ※ 232 507  
17 ※ 263 491  

※印は、10月の国勢調査による。
昭和24年以前は、菊地金治郎・有馬茂から直接聞き取り調査(昭和45年実施)により作成した

【資1】明治20年(2万分の1)

【資1】明治20年(2万分の1)

【資2】明治42年(2万分の1)

【資2】明治42年(2万分の1)

【資3】昭和25年(1万分の1)

【資3】昭和25年(1万分の1)

【資4】昭和29年(1万分の1)

【資4】昭和29年(1万分の1)

【資5】昭和31年(1万分の1)

【資5】昭和31年(1万分の1)

【資6】昭和38年(1万分の1)

【資6】昭和38年(1万分の1)

【資7】昭和42年(1万分の1)

【資7】昭和42年(1万分の1)

【資8】昭和47年(1万分の1)

【資8】昭和47年(1万分の1)