歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

庚申塔と大師道

<油屋の庚申塔>

<油屋の庚申塔>

小杉十字路方向に少し進むと、左側に折れる道角に小さな祠が見える。油屋と呼ばれた小林家の角地にあるので「油屋の庚申塔」と呼ばれている。

中をよく見ると、手が6本の青面金剛の仏像で、鬼のような者を足で踏みつけている。その下に「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿が刻まれている。

塔の右側に、今から300年ほど前に信心し、160年前にこの塔を建てたとある。

庚申塔は、村のはずれや分かれ道などに建てられていることが多い。

昔の人々は「人の身体に三尺(さんし)という小さな虫がいて、60日毎に回ってくる庚申の日に、天の神へ悪口を言いに行く」という言い伝えを信じ、その日が来ると眠らないでお祭りをし、虫が天に行くのを防いだという。

今ある祠は、昭和15(1940)年に講中の仲間6軒がお金を出し合い造り直したものだ。現在でも庚申の日には集まり夕食会を開いている。正面に掛け軸を飾り、花や供物、線香を立て、その前で、おそばやご馳走を食べ、お酒を飲み、世間一般の四方山話をして時を過ごす。

庚申講は江戸末期から始まったもので、近くに住む小林家2軒、中村家2軒、菅田家2軒の6軒だった。

途中菅田家1軒が川野家と変わったが、年6回ほどの講は継続されてきた。

昭和49年の当番は、1月 小林英男、3月 川野俊久、5月 菅田近好、7月 中村文三郎、9月 中村わか、11月小林英男だった。

平成12年には、小林家2軒、中村家2軒、川野家1軒の5軒に、平成20年には小林家、中村家、菅田家、川野家の4軒で伝承している。輪番は、年末の「かのえさる」の時、くじ引きで決めている。

この庚申塔の台座に「南大師道 東江戸道 西大山道」と三方向の道標になっている。

現在、府中街道は小杉十字路を直進しているが、明治30(1897)年頃までは、府中街道はなかったので、この庚申塔前から東急バス川崎営業所の方へ向かう大師道が主要道だった。

地元の人々の中には今でもこの道を大師道(みち)と呼ぶ人達がいる。

正面(南大師道)側から見た台座

正面(南大師道)側から見た台座

中原街道沿い側の庚申塔の台座(東江戸道、西大山道)と刻まれている

中原街道沿い側の庚申塔の台座(東江戸道、西大山道)と刻まれている

庚申日の6軒の寄りあいのようす(昭和52年7月2日 中村家)

庚申日の6軒の寄りあいのようす(昭和52年7月2日 中村家)

庚申日に正面に掲示する掛軸

庚申日に正面に掲示する掛軸

祠のない頃の庚申塔と大師道(昭和8年)

祠のない頃の庚申塔と大師道(昭和8年)

屋根のついた油屋の庚申塔(昭和47年)

屋根のついた油屋の庚申塔(昭和47年)

右端が庚申塔、正面の道が大師道(昭和50年)

右端が庚申塔、正面の道が大師道(昭和50年)

油屋の庚申塔、左は大師道、右の道は中原街道(平成10年)

油屋の庚申塔、左は大師道、右の道は中原街道(平成10年)

油屋の庚申塔、左の道は大師道、右の道は中原街道(平成20年)

油屋の庚申塔、左の道は大師道、右の道は中原街道(平成20年)