歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

小杉陣屋と小泉次大夫

小泉次大夫の記念碑と日純の銘のある碑(左側の2基)(昭和50年)

小泉次大夫の記念碑と日純の銘のある碑(左側の2基)(昭和50年)

街道沿いの今の小杉陣屋町(中原街道と多摩川土手の中間の位置)に、小泉次大夫の陣屋があった(西丸子小学校校門前にある墓地付近に)。

次大夫は、家康の許しをえて、稲毛・川崎二ヶ領用水路を開削した代官で、近くには小杉御殿があった。

慶長2(1597)年領内視察のため多摩川沿岸を巡視した家康に、多摩川を利用して用水を造り、川崎・稲毛の二ヶ領に新田を開くことを進言した。

その結果、小杉に陣屋が置かれ工事が始まった。多摩川右岸の稲毛・川崎二ヶ領用水、左岸に世田谷・六郷用水の四ヶ領用水を建設する工事だった。

慶長2年2月に川崎領、翌年3月に稲毛領の測量をし、慶長4(1599)年4月から工事に入った。そして慶長16(1611)年3月、ついに完成した。完成までに14年かかる難工事であった。

二ヶ領の用水路は、小杉と上小田中の神地との境を南流している。このため、米どころとなった中原の「稲毛米」は江戸でおいしいと大変評判が良かった。

二ヶ領用水工事が最終段階に入った慶長13(1608)年、「小杉陣屋」の西隣に2代将軍徳川秀忠により「小杉御殿」が造営された。江戸城の拡張工事が完成すると、参勤交代で遠い西国から来る大名も増え、将軍の視察や鷹狩りで地方に行くことも多くなったため、御殿を建てる必要が生じたためである。

次大夫は工事の間、日頃、帰依している僧「日純」を安房国(千葉)小湊の妙本寺から招き、小杉陣屋の裏の多摩川べりに妙泉寺を建立した。

当時、家康や秀忠は日純との会話を楽しみにしていて、しばしばこの地を訪れている。

現在、日純が建てたといわれる碑が2つ残されているだけで、近くに無住の祖師堂がある。境内に立つ三角柱に「日蓮宗 小泉次大夫開基小杉妙泉寺」と墨書され、左面に「稲毛川崎二ヶ領用水開鑿(かいさく)祈願」とある。

二ヶ領用水が完成した翌年、次大夫は川崎の砂子に隠居して代官職を嫡子久弥助吉明(ひさやのすけよしあき)に譲っている。次大夫は元和9(1623)年12月、85歳で没した。

妙泉寺(無住)境内入り口の三角柱。現在は100軒ほどの檀家で維持されている。(平成20年)

妙泉寺(無住)境内入り口の三角柱。現在は100軒ほどの檀家で維持されている。(平成20年)