歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

陣屋荘の原家(石橋本家)

陣屋荘(原家)の表門(昭和49年)

陣屋荘(原家)の表門(昭和49年)

中原街道をしばらく歩き丸子通りをすぎ、信号のある十字路の右側に大きな門構えの家がある。

江戸時代の天明4(1784)年に肥料を売る店を開店、その後、手広く肥料商(醤油かす、しめかすなど畑の肥料として使用されていた)をやり、石橋を方々にかけたといわれ「石橋本家」という屋号で呼ばれる原家だ。

昭和23(1948)年より、昭和36(1961)年4月まで「陣屋荘」という割烹料亭をやっていた。一時は結婚式場として利用されたこともあった。昭和30(1955)年頃が最も盛んだったという。

建物は川崎市立日本民家園に移築、保存されるために取り壊された(近代和風建築として重要歴史記念物に指定される)。

建坪は約106坪。1階10部屋・2階5部屋・台所・便所3ヵ所。文庫蔵・離れ家屋・土蔵を含めると、家屋の総面積は約161坪だった。

原家は約350年前より続く旧家で、9代文次郎は、おじの小林三左衛門と玉川銀行を設立(明治33「1900」年、西明寺近く)、頭取をしていた。また第10代正一、11代正巳と親子で神奈川県議会議長を歴任されている。12代も同じく県議会議員として、地域住民のために尽力されていたが、現在は健康上などから議員を辞している。

陣屋荘(現在、建物は日本民家園で保存)建て始めたのが明治43(1910)年、完成が大正2(1913)年。木材を選定、木を切り出し、干乾し、すぐれた枝で造った建物。社寺建築を思わせる豪壮な2階建ての住宅である。川崎市の重要歴史記念物に指定されている(昭和50年)

陣屋荘(現在、建物は日本民家園で保存)建て始めたのが明治43(1910)年、完成が大正2(1913)年。木材を選定、木を切り出し、干乾し、すぐれた枝で造った建物。社寺建築を思わせる豪壮な2階建ての住宅である。川崎市の重要歴史記念物に指定されている(昭和50年)

上棟式(明治44年4月16日)左上の写真は9代、原文次郎

上棟式(明治44年4月16日)左上の写真は9代、原文次郎

昭和24年作成のマッチ

昭和24年作成のマッチ

陣屋荘を移築したあとの「原家」の表門(平成15年)

陣屋荘を移築したあとの「原家」の表門(平成15年)

中原街道の拡張工事のため塀を後退した原家(平成20年)

中原街道の拡張工事のため塀を後退した原家(平成20年)