歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

東横線と南武線の連絡の道

東横線新丸子駅西口(昭和6年)。駅の出入り口は西口のみで東口には2・3軒の家があるだけだった。昭和12年頃から東口にも商店が開業した。

東横線新丸子駅西口(昭和6年)。駅の出入りは西口のみで東口には2・3軒の家があるだけだった。昭和12年頃から東口にも商店が開業した。

 

新丸子駅前の広場(西口)。右側は駅舎、左側は大棚行きの乗り合い自動車(昭和7年)

新丸子駅前の広場(西口)。右側は駅舎、左側は大棚行きの乗合自動車(昭和7年)

 

新丸子駅のホーム(昭和8年)武蔵小杉方面を望む。右側が西口。

新丸子駅のホーム(昭和8年)武蔵小杉方面を望む。右側が西口。

 

写真(下):中原街道は東横線と交差(踏切)していた。小杉方面の家並み(昭和52年)

写真(下・中段):丸子橋交番前の道路標識(平成17年)

写真(上):中原街道は東横線と交差(踏切)していた。小杉方面の家並み(昭和52年) 写真(中段):丸子橋交番前の道路標識(平成17年) 写真(下):東横線と交差(踏切)していた中原街道も東横線の高架で便利になった。小杉方面を望む(平成20年)

写真(上):東横線と交差(踏切)していた中原街道も東横線の高架で便利になった。小杉方面を望む(平成20年)