歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

新丸子三業地

新丸子三業地として栄えていた料亭通りと看板。撮影の頃はまだ3軒ほどあった(昭和50年)

新丸子三業地として栄えていた料亭通りと看板。撮影の頃はまだ3軒ほどあった(昭和50年)

へちま風呂「丸子園」の開業は「新丸子三業地」のきっかけをつくった。

料亭も次第に増え、芸妓も50人を超えるようになった。

昭和20(1945)年4月15日、5月24日の大空襲により新丸子三業地一帯は4・5軒を残すのみで全焼してしまった。

戦後、一時営業を中断していたが昭和20年12月「花本」が開店した。

不法建築が多い中で、許可不明のまま喫茶店として温泉マーク♨を付けて営業していた。

昭和23(1948)年、許可がおり昭和25~36(1950~1961)年頃まで繁盛した。

最盛期には「花本」「菊家」「柳家」「北川」「一直」等、25軒くらいにまで増加した。芸妓は100人を数えた。

丸子芸妓・芸妓組合のあった丸子芸能会館(昭和49年)

丸子芸妓・芸妓組合のあった丸子芸能会館(昭和49年)

新丸子駅前通りにあった呉服店。電話の「中原三番」の文字が見られる(昭和51年)

新丸子駅前通りにあった呉服店。電話の「中原三番」の文字が見られる(昭和51年)

しかし、昭和51(1976)年には「一直」「丸子荘」「伏見」の3軒のみとなり、芸妓も10人ほどに減少し、次第に寂れ料亭は姿を消していった。

その後、駐車場や住宅、マンション等に変わってしまい、昔の面影は全くない。