歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

鈴丸商店

松原通りで、せんべい屋をしていた。移転した頃の家は間口が広く、土間に丸テーブルと椅子が置かれ、10人くらいの人が飲食できた。昭和の初期には、牛車を道端に止めて食事をする人の姿も見られた。

鈴丸商店(せんべい屋)と重田商店(こも・畳屋)(昭和45年)

鈴丸商店(せんべい屋)と重田商店(こも・畳屋)(昭和45年)