歴史資料室

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

丸子橋  ~青木根の集落~

東急東横線の鉄橋の下あたりに伊勢神社があり、20段ほどの石段を上ると、松の木が生えていたという。上るとバチがあたるといわれ、子どもたちは近寄らなかった。

集落のはずれに天神社があった。神社の裏は林で、その先に石の護岩があり、真竹が生えていた。真竹は松原通りまで続き、川岸が大水で崩れないように守られていた。

ここには農家のほか、多摩川で砂利採りする人や、そこの浅い川船を作る船大工、舟釘を作る鍛冶屋などが住み、多摩川とのつながりの深い集落をつくっていた。

大正9(1920)年8月、青木根集落の人たちは自分が生まれ育ったこの土地と別れなければならない最後の時が来た。

家の下にコロを敷いて、引っ張ったり、壊して運んだりして、川畔から移動していった。一昼夜かけて、家を引いて行った人もいた。

ほとんどの人々は、水田の広がる今の上丸子天神町に移り住んだ。

住民は国からの移転補償を受け、文句も言わずに住み慣れた自分の村から離れた。

人々の中には大水から逃れることの喜びの反面、自分たちだけが工事の犠牲にならなければならない悔しさ、これからの生活の不安、先祖からの土地を離れる悲しみ、さびしさなどが入り混じって複雑なものだった。

道も、桃も、木も、石碑も、家も、全て消えた。荷車に400箱の桃を積み、20台の車で神田に出荷したこの「青木根」の集落の歴史は終わった。

渡船場のあった「松原通り」の集落も、こうした「丸子の渡し場(渡船場)」をめぐる歴史のあったことなど想像できない。

青木根より大正9年8月に移転して来た青木家。建物も当時の面影を残している。この周辺(上丸子天神町・丸子通2丁目)には青木姓の家が多い(平成20年)

青木根より大正9年8月に移転して来た青木家。建物も当時の面影を残している。この周辺(上丸子天神町・丸子通2丁目)には青木姓の家が多い(平成20年)

堤防工事のため「青木根」から上丸子天神町まで一昼夜かけ、コロで家屋を引いて移転した大貫家。丸子渡船の権利を持っていた大貫市郎兵衛の子孫だ(昭和45年)

堤防工事のため「青木根」から上丸子天神町まで一昼夜かけ、コロで家屋を引いて移転した大貫家。
丸子渡船の権利を持っていた大貫市郎兵衛の子孫だ
(昭和45年)

「このあたりまで水が・・・」と話してくれた(昭和45年)

「このあたりまで水が・・・」と話してくれた
(昭和45年)