歴史資料室

歴史資料室 写真や文献で見る小杉の今昔 旧家の方々や歴史研究家のご協力のもと、小杉地区にまつわる貴重な歴史的資料を収集・公開するコーナーです。

「中原街道と周辺の今昔」デジタルアーカイブ

小杉地域の歴史研究家である羽田猛先生の著書「写真で綴る 中原街道と周辺の今昔 ~多摩川から南武線まで~」(2009年発行)を地域の皆様にご覧いただけるよう、デジタルアーカイブ化しました。毎月1回更新いたします。

<著者・羽田猛プロフィール>

川崎市公立学校長を定年退職後、中原・武蔵小杉地区の歴史にまつわる研究を重ね、数々の書籍を出版している。主な著書に「写真でみる中原街道」(2000年・神奈川新聞社)「写真が語る『羽田家のアルバムと自分史』」(2010年・個人書店)などがある。

2013年5月12日、地元の子どもたちに向けた、羽田猛先生の武蔵小杉の歴史にまつわる講演が催されました!

「さよなら・ありがとう!旧中原図書館
―元・杉・丸 宣言―」

羽田先生の講演ロングバージョン
「小杉のかたりべ」

 

羽田 猛氏

テーマ:武蔵小杉の昔と未来を知ろう

1934年生まれ。中原区の市立小学校に赴任したのが縁で、川崎市内の郷土史の研究を開始。以来、写真撮影と取材を重ね、中原・武蔵小杉地区にまつわる数々の書籍を出版する。今回は2013年5月に「旧中原図書館」にて開催された「さよなら・ありがとう」イベントにて、地元の子どもたちに向けた講演の模様を公開します。

動画を閉じる

目次

1 堤防で姿を消した90軒の集落

2 小杉御殿と小杉村

※本アーカイブには、文中に一部不適切な表現が含まれておりますが、当時の民俗、風俗を伝える歴史的資料としての原文の価値を尊重し、そのままの表記としております。